【最新版】胸を大きくする方法まとめ!おすすめの食べ物やサプリ、筋トレ、ヨガなど

卒乳後だって諦めないで!簡単にできる胸を大きくする方法を紹介

卒乳後だって諦めないで!簡単にできる胸を大きくする方法を紹介

 

 

女性にとって妊娠・出産の前後は、一番体型の変化がある時です。

 

そして、もちろんのこと胸の大きさの変化も激しく起こります。

 

妊娠前と比べれば、出産した授乳の時期は約2カップほど大きくなる人もいます。

 

授乳中は、乳腺が刺激されて胸が大きくなりますが、徐々に胸は小さくなり出産からだいたい1年経つ卒乳後は妊娠前の大きさに戻ります。

 

しかし、卒乳後は胸に様々な変化が起きています。

 

・胸が垂れる

 

・張りがなくなる

 

・左右の胸の大きさが違う

 

・形が崩れる

 

以上のようなバストラインの変化が出てきます。

 

しかし、女性はいつまでも綺麗でいたいものです。

 

そこで、卒乳後も胸を大きくする方法を考えていきましょう。

 

 

卒乳後だって諦めないで!簡単にできる胸を大きくする方法を紹介

 

 

◇サイズのあったブラジャーをつける

 

授乳中は、母乳を与えるため胸が大きくなります。

 

しかし、授乳が終わるに従って徐々に胸はしぼんでいきます。

 

そのため、サイズの違うブラジャーを使っていては形が整えることも胸を上手に支えることもできません。

 

妊娠前の胸の大きさや形とも変わっていくため必ず下着屋さんで採寸をして、正しいサイズのブラジャーを購入しましょう。

 

 

 

 

◇胸の垂れを防ぐ

 

授乳をしていると胸の垂れを実感する女性は大勢います。

 

もちろん、年齢にしたがって変化もしていきますが、授乳中は急激に胸が垂れていきます。

 

そのため、卒乳後は特に運動制限などはないため胸を支える大胸筋を鍛えていきましょう。

 

大胸筋を鍛えることで胸の垂れは防ぐこともできますし、さらに、バストアップにも繋がります。

 

一番簡単なエクササイズは腕立て伏せで、1日10回からで構いませんから、時間があるときにゆっくりやってみましょう。

 

卒乳後だって諦めないで!簡単にできる胸を大きくする方法を紹介

 

1日5〜10分も時間があれば十分にできるエクササイズです。

 

余裕のある方はその他に、ストレッチなどを行うとより血行がよくなり、胸を大きくするのに役立つ女性ホルモンの分泌が良くなります。

 

◇胸のマッサージを行う

 

卒乳後の胸を大きくする方法として一番行われているのは、マッサージです。

 

オイルやクリームを使って胸やその周りをマッサージしていきます。

 

胸やその周りのリンパに刺激を与えて血行を良くしていく方法です。

 

血行が良くなると体内の代謝が上がり、毒素が出ていきます。

 

すると女性ホルモンの巡りが良くなります。

 

 

 

 

女性ホルモンは、胸を大きくするのに大きな役割を果たしてくれますし、ダイエット効果も高いため、女性らしいボディラインをつくるのにもリンパマッサージはおすすめです。

 

お風呂上りのリラックスしている時に行うのが良いと言われています。

 

卒乳後、体のラインが変わり諦めてしまう方もいます。

 

しかし、出産をしたからと言ってボディラインを綺麗にするのを諦める必要はありません。

 

正しいケアをすれば胸を大きくする方法はありますので、ぜひご自身にあった方法で素敵な母、そして素敵な女性として生活していきませんか?

 

次のような記事も参考にしてみてくださいね。

 

【ぶっちゃけどう?】産後しばらく経っていても胸を大きくする方法ってあるの?